2017/01/02

「水上反撃部隊」突入せよ!

マンスリー任務2-5沖ノ島沖海域を、駆逐艦4(旗艦指定)、重巡1、軽巡1で突破するという鬼畜任務です。

今月はラッキーなことにろ号消化→月替りとなったので、マンスリーが元旦早々に表示されるという、要するに正月休みの間に一気に駆け抜けてしまえ状態。
 速攻で「第五戦隊」「空母機動部隊」「水雷戦隊」「水上打撃部隊」の4つをクリア(簡単だったとは言っていない)、「海上護衛強化月間」はデイリーで南西クリアできたら同時にやればいいや、ということで後回し。

さて、この任務は何はなくとも索敵値、そして制空権確保のためのイタリア重巡が鉄板。

編成と装備例

 という訳で編成は以下の通りに。
旗艦指定の駆逐艦は、当然のように嫁艦の吹雪
素の索敵値も高いけど底上げのために、いつも積んでる22号改四を33号に変更。

軽巡は夕張か大淀、まあ索敵値を求められた場合はこの2隻以外に軽巡枠はいませんね。
ただ、夕張は対潜、大淀は索敵に特化しているので「水上反撃部隊」任務では大淀が妥当でしょう。
電探より水上観測機か水上偵察機を積むのが索敵値的には良いです。

そして2-5の肝となるのはイタリア重巡。どちらも差がないのでZaraでもPolaでも好きな方を選べばいいんですが、新年modeのセリフが笑えたので何となくPolaを。
当然ですが「水戦」(Ro44か二式水戦)は必須です。

残り駆逐艦の3隻は、正直どれでもいいんですが素の索敵値と道中の夜戦マスでの強さなどを考えて、暁、それとたまたま目に止まった長波と初月で。
3人ともいつも積んでいる装備から変更していません。

戦闘結果

そしてやっぱりいつもの通り、初戦で吹雪だけ大破して撤退。
いやほんと、笑っちゃうほどいつも通り。
でも何かこう、贔屓にしている子がこうもダメっ子だと初戦大破撤退すら微笑ましく感じるのでストレス減にはいいな、と。

結果としては、3回目で大破した初月を雪風に変更して、ラストは大淀さんが夜戦で決めてくれました。

マンスリーがさくっと終わっているので、問題は新三川のソロモン任務ですが……12月中旬から毎日2〜3回出撃しているものの、未だボス前にすら辿り着いていません。
もう30回くらい、初戦〜2戦敗退を繰り返してますね。
しかもその殆どがC敗北からの撤退なので、羅針盤運のなさに加えて脆さと火力不足の三重苦。いったい、いつになったら終わるのやら。


2017/4/3追記
今月のマンスリーでは江風がドロップ。
うちの江風はイベ産で通常海域落ちの際に調べたり掘りに行ったりする必要がなかったので2-5で落ちるとは知らなかった。
改二で照明弾持ってきてくれますが……75まで上げるのはしんどいので、改の持参装備である、ぽいぬ砲と22号が目標かなあ。