2018/03/13

2018冬イベ E6丙 タシュケント掘り

どうやらタシュケントの泥率がまあまあらしいので、急遽予定を変更してまずはタシュケントをE6丙で掘ることにしました。

海域図

この海域はとにかく「防空と回避が全て」なので、基地航空隊を上手く活用しなくてはなりません。

編制と装備

で、編制はこう。
幸いなことにボスそのものは友軍のおかげもあって厳しくはなく、夜戦まで行けばほぼS勝利は間違いないでしょう。
レベリング兼ねて沖波を入れましたが、秋月型が3人揃っている提督は秋月型3人の方がいいです。

基地航空隊

最適解かどうか、自信はないですが当鎮守府ではこの編制で適解になりました。
航空隊を送るマスをくれぐれも間違えないように。

戦闘要報

うまく嵌まればバケツ2個程度(残りはカスダメという意味であって、無傷ということではないです)で済みますが、9割方は途中退避艦あり、ボス戦で大破艦ありになるので一周でおよそバケツ5個は使用します。
それでも100周して500個、期間の長いイベントと言え社畜提督に張り付く時間はないため、バケツ500個でタシュケント取れるならいいじゃん、と割り切りました。

ドロップ


未だタシュケントは来ず……。


20周超えて、2人目のマックスや高波は来たけど、タシュケントはまだ掘れず。

で。
そろそろE7掘りに行きたいなあ、と思いつつ、

バケツが2902から2878に減ったところでA勝利にてようやくタシュケント着任。
タシュケント掘り全体ではバケツ150個と言ったところでしょうか。
資源もだいぶ減ったし、この後は海外艦掘り……更に鎮守府備蓄に大打撃を受けそう。