2017/09/07

2017夏イベ E7「ドーバー海峡沖海戦」(丙)

長かった夏イベも最後の海域、最後の攻略です。
2017年の夏イベ最終海域のE7では甲勲章の呪いを解かれた提督が続出しているらしく、丙でも厳しいという前評判に震え上がっていたんですが、終わってみたらE3の初手B逸れの原因がわからなかったことや、迷いまくってガバ過ぎる装備で出撃したE5乙などに比べると楽に終わりました。
すべてのギミックを解除した後、本攻略はこのルートです。
なるほど確かに、道中の敵すべてが姫鬼クラスなので甲攻略は辛いでしょうね。

index


編成と装備(空母機動)

第一艦隊

高速統一・軽巡か駆逐を1

第二艦隊

大破撤退が2連続した際に、北上を大井に入れ替えて安定しました。
まあ、これはジンクスみたいなものです。

基地航空隊

削り段階

第一=制空でQマス空母対策
第二=一式陸攻でTマスのケツダイソン対策
第三=一式陸攻でボスマス

ゲージ割

第一=制空でQマス空母対策
第二・第三=一式陸攻でボスマス

二式大艇またはカタリナを持っている、且つ陸攻が十分にある、ということでしたら全中隊を陸戦1+陸攻3にしてボス集中でもいいかも知れませんが、案外上記で安定しました。
……秋津洲、いつになったら着任するのかなあ。

戦闘要報

Qマス(空母夏姫)

Tマス(戦艦夏姫)

ボス戦(欧州棲姫)
何やらひと昔前の「バカなの?死ぬの?」を彷彿とさせるセリフのアークロイヤルさん。
初回は実は基地航空隊を出し忘れていたんですが、
それでも航空戦でこの通り。
次からは基地航空隊を一部隊ボス戦に回していますが、その時の航空戦後の状態が以下の通り。
あまり変わりません。
丙なら、多少のミスがあっても問題ないということか。
運が良かっただけかも知れませんが、道中突破が難しければ基地航空隊をTやQマスに割り振るのはありですね。

実際、基地航空隊を出さなかった際の夜戦突入時にこの状態で、
基地航空隊を出した戦闘の夜戦突入時がこれですから、まったく変わらない。

とは言え、出さないより出した方がいいに決まっていますが、ほんとの初心者提督にはボスへの行動半径9ってかなりキツイと思うんですよ。
丙なら、ボスマスに届く基地航空隊がなくても問題ありませんよ、って証明にはなりそうですね。
半径9に届く陸攻なんて持ってねぇよ、って提督も諦めずに頑張って下さい。
ラスダンですら、支援艦隊をしっかり出せば何とかなります。以下参照。

ラスダン

支援艦隊

道中支援
決戦支援
何と言ってもこの後は燃料を大量消費するルイージ掘りが待っているので、一回で突破するべく最大火力で支援艦隊を全力出撃させました。

戦闘要報

わるさめ、空母夏姫、ケツダイソンと、潜水幼女を除く全戦闘マスでの戦闘突入時の状態です。支援艦隊が良い仕事してくれたので、最後までほとんど無傷に近い状態でラスダンゲージ割に突入できました。

なかなか禍々しい感じになりますね、アークロイヤルさん。

基地航空隊がなかなかの仕事をしてくれた後は、

第一艦隊に組み込んだ当鎮守府主力、一航戦・五航戦の空母機動部隊の航空戦でこの状態にまで持っていき、

大和・長門の超重量艦隊も決戦支援でやるべきことをしてくれました。
おかげで開幕雷撃後には、
もうすでに風呂入りに行ってもいいくらいの状態。
ケツダイソン全部堕としてくれてたらもっと楽だったかなー、なんて思っていたら、

攻撃一番手、うちの頼れる守護神Romaがこのダメージを叩き出して残すは旗艦のみ、という笑えるくらいのイージーモード。

……の筈が、
あんたら、あの状態から昼戦で堕としきれないのかよ……orz
いやまあ、勝ったも同然だからいいんだけど。

長い夏イベの最後を飾ったのは、阿武隈でした。
しまったな……ヌルすぎて嫁艦まで回らなかったか……。

攻略結果

と、いう訳で2017夏イベ拡張作戦E7「ドーバー海峡沖海戦」、いつものように丙で攻略完了です。

今回のMVPはこの人。削り段階で、わるさめ、空母B……夏姫、ケツダイソン、アークロイヤルの全てを撃沈してくれた、
プリンツ・オイゲンでした。
ここまで全く出番なかった鬱憤を晴らすかのような大暴れっぷりで非常に助かりました。

資源は予想よりマシだったかな。
途中の遠征回復などを考えれば、バケツ150個、燃料6万、弾薬3万、鉄1万、ボーキ3万ってとこでしょうか。

報酬とドロップ

報酬艦はイギリス王立海軍正規空母のArk Royal。
思ったより低い声だったのでびっくり。
ネタ枠のアクィラと違って、餌になった雲龍の代わりを立派に務めてくれそう。

途中のQマスで落ちた嵐とか、
ラスダンのボスマスドロップは浦風で終了。
母港は94隻、残りはルイージと春風が欲しいので掘りに行きますが……また整理しないといけないかな、というくらいに簡単に掘れたらいいなあ。

あと、この記事が記念すべき「艦これ」カテゴリ100記事目になりました。