2016/12/02

「水上打撃部隊」南方へ(※2018/08 伊勢改二編成を追記)

月が変わったのでマンスリー任務の『「水上打撃部隊」南方へ』を攻略しようと思ったんですが、これ、嫌いなんですよね……羅針盤に苦しめられるので。


ステージは南方海域5-1。
上図の赤線のように行きたいのに、毎月必ず青線の外れマスへ向かっちゃう。
割と重量編成なのでカスダメでも蓄積すると資材にもバケツにも毛根にも優しくない、でも報酬がネジ4個なので結局やっちゃうびくんびくん、なマンスリー任務。

編成条件は軽巡1に低速戦艦3(過不足なし)。
※2018/3 ちゃんとした編制を更新。
※2018/8 伊勢改二実装で、より楽になった新編成を追記。

いつもは大和長門扶桑(瑞雲なし)に1マス目とボスの潜水艦対策(しかもこれがいるかいないかわからないのもまたムカつく)にソナー+爆雷ガン積みの夕張、当鎮守府最高練度の重巡・羽黒プリンツで制空権無視でやってますが、今回は水戦を搭載して制空確保でやってみることに。


これで制空権は、確保→確保→優勢→確保でした。(確か。あれ?違ったかな?)
熟練度Maxの瑞雲(できれば12型や六三四)を6、ZalaとPolaに水戦、夕張は対潜番長で大破対策に旗艦。
大和を伊勢か山城にして瑞雲マシマシにしようかとも思ったんですが、これで十分イケます。
羅針盤運も良く、この編成にしてからは一発OKでした。

海域地図で渦潮踏んじゃってますが、スクショ撮るために駆逐艦1隻で行っただけです。
さすがは南方海域、当たり前ですが初戦大破撤退でした。

編制と装備(2018最新)

基本的には変わりませんが、水戦を減らして開幕爆撃用に瑞雲を追加。
これでほぼ制空権を得られるので問題ないかと。

編成と装備(伊勢改二)

戦闘航空母艦である伊勢改二の実装により、羅針盤を除けばとんでもなく楽になりました。
伊勢は烈風などの艦戦を搭載できるので、伊勢改二の最大スロットに艦戦を入れれば、水戦や瑞雲はここまで減らせます。面倒だったのでイタリア重巡の装備をいじらず常時のままにしたのでRo44が載っていますが、たぶん不要です。
また、彩雲を搭載できるのは、ボスマスで潜水艦が混じった際にT字不利を引かずに済む、つまりボスマスは複縦陣、あるいは単縦陣でも良くなったと言えます。

日向・山城はレベリングのために入れていますが、こちらも大和・武蔵にして大火力で押しつぶすという楽しみ方もありかと。